初冬の白樺です

 晩秋の信州、でご紹介した白樺の木が雪のある景色に変わりました。
 蓼科山への道は、この上からは冬タイヤでなければ走れないほどの積雪だったそうです。遠くの浅間山が真っ白ですね。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
クリスタルのような輝きです

 一足早く信州の山は雪景色です。前の晩に降った雪が枝について、それが朝日にきらめいています。
 苗場からも雪の便りが届きました。もうスキーの滑走ができたとか。雪ッ子荘も冬のお客様の準備に入りました。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
ホットワインと熱いソーセージを

 日暮れが早いこの季節のドイツ。寒さも相当なもの。そこでクリスマス市をめぐる時には温かい飲み物と食べ物が欲しくなりますね。サンタの衣装を着けた売り子さんが売っているのがグリューワイン。温かく甘い赤ワイン。シナモンのスティックでかき回すのです。市場に一角にはドイツならではのソーセージがじゅうじゅうと焼かれています。パンにはさんでいただきます。飲みながら食べながらお店を見て歩くのもいいですね。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
イエス誕生のジオラマ

 広場にはイエス誕生のジオラマが飾られています。木彫りの人形つくりもドイツでは盛んでした。深い森が広がっていた国ならではの工芸品です。手作りのぬくもりが伝わってきますね。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
ローテンブルク 広場での音楽会

一年中クリスマス用品を売っているお店があるドイツ・ローテンブルク。この季節には旧市街の広場でクリスマスの合唱と楽器の演奏がありました。ここは中世の面影を残すたたずまいです。昔から同じようにクリスマスの歌が流れたのでしょうね。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
子供にとって心はずむ季節です
ショーウインドウを熱心に見ている男の子。お人形の顔と良く似ていますね。子供にとってクリスマスは特別に待ち遠しい時。毎日の日付けの窓を開けるとサンタや天使が顔を出しクリスマスの日は誕生したイエスが現れるアドベントカレンダーが人気とか。お母さんになにかを買ってもらっている女の子。手前には子供の本がありますね。きっと絵本を買ってもらったのでしょう。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
クリスマス市での屋台のお店です

 クリスマスツリーに飾る楽しい人形を沢山売っている、ひげのおじさんのお店。いっぱい並べられるように斜面がきつくなっているのが面白いですね。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
ドイツのクリスマス市の写真です

 ドイツでは12月に入るとクリスマス市が立ちます。この写真はドイツ・ニュールンベルクでのもの。これから市のにぎわいをのぞいてゆきましょう。カメラマン氏からの写真でまとめてみました。
 縁の店内もクリスマスの飾りつけをしました。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
一足早くクリスマスの飾りつけを

 暗くなるのが早くなってきましたね、朝晩も肌寒く感じられるようになりました。
 そこで、入り口とお店の壁に一足早いクリスマスの電飾と飾りつけをしました。銀座でもクリスマスツリーが見られましたね。
 壁に掛けた小さな額入りの飾りは私が夜にこつこつとクロスステッチで制作したものです。クリスマスカードに貼って贈る人のことを思いながら作ったもの。興がのってくると時間がたつのも忘れてしまいました。
 スノーマンの人形は中にろうそくを点して雰囲気を楽しみます。お出でになられた時、テーブルに置かれているかもしれませんね。

 
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
信州の秋景色です

 知人のカメラマン氏から晩秋の信州の写真をいただきました。
白樺の木と紅葉が高原の澄んだ空気を表していて、とても気持ちがよさそうですね。まもなくここも雪に覆われてしまうのでしょう。
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し